星ト月ヲ見ル人

雑談とネトゲと定期更新型RPGのお話をするところ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏コミ不参加!

夏コミまっ最中の昨今、いかがお過ごしですか?
友人のサークルも無事に一日目の出店(でいいのかな?)を終えたらしく、先日酔っ払ってベロベロの状態で電話かかってきました。
明日三日目ですが、参加される方は最低でもボトル2本にタオルは持っていって、熱中症対策をしっかりとやっていきましょうね。水月さんとの約束だぞ!

■にせじま
最終回。参加された皆様お疲れ様でした。それと、絡んでくれた皆々様方本当にありがとうございました。お礼をしてもしきれないほどの方もいらっしゃいますが、改めてお礼を言わせていただきました。
最終回は一応ヒュペがアイドルになってからのお話し。
ちょいと整理しつつなんですけれども、ヒュペは元々有名な音楽家と酒場の踊り子から生まれた不出世の娘でして、右往左往あった挙句に普通の家庭に引き取られます。
その時にヒュペに名づけられたのは唯笑で、元々その家族に居た子供が唯美でした。
2人は本当の姉妹のようにすくすくと育ちますが、ある夏の日、花火大会で花火が暴発する事故が起き、ヒュペは逃げている最中に人波に押されて川へと転落してしまいます。


実はこの時、ヒュペは一度死にかけて前世の記憶の一部を取り戻してたりしました。
その後は、前世というか本来のヒュペの姉であるルナや彼女の言うとある組織の男からギターや歌を習いつつ成長をしていきます。

……その後、組織の導きで再びニセジマへと渡るのです。



>>ミレーヌ
黒髪の少女で、ヒュペの前身での本来に肉体の所持者。
前期の話になりますが、最初のヒュペはルナの精神から分かれた存在であり、肉体を持っていませんでした。(第一期)そのため、ルナの肉体と同居状態だったのですが、原初の土にて作られた器に入りこむことにより自身の身体を手に入れることに成功しました。ある種のフレッシュゴーレムですね。
しかし、後半でその器がヒュペの魂に耐えきれず崩壊を起こし始めてしまいます。状況を重くみたルナと彼女の使える神、ミゼリアは代わりの器を用意します。それが、大昔人々を大虐殺を起こして永久冷凍の罪で眠っていたミレーヌでした。
ミゼリアとしては、ミレーヌの身体が最もヒュペの魂の器として適しており、多分ミレーヌの魂は起きないはずなので大丈夫だろうと踏んだみたいです。儀式は成功し、何も知らないヒュペはミレーヌの身体を手に入れることが出来ました。(第二期)

しかし、ある日ひょんなことでミレーヌが目を覚まします。ヒュペを意識の奥底に押し込み暴れまわるのですが、ヒュペの友人たちの手により抑えられます。その後、ヒュペを自分の妹ととして共に生きてゆくことを誓うのです。(第三期)

命は一つの身体にしか宿りません。ゆえに、ヒュペはミゼリアへお願いをするのでした。『自分を魂ごと転生させてくれ。』
転生とは生易しいものではありません。なぜなら、ヒト以外の肉体を得るかもしれないからです。しかし、ヒュペの願いが通じたのか、ヒトの子供として生まれてくることに成功したのです(第四期)
その後は上記の通り。

第四期後半のマナの過剰摂取により、ヒュペは命を落としそうになりますが、その時ミレーヌと融合することにより命を救われます。元々ミレーヌとヒュペは近い存在ゆえに融合が出来た・・・と言えるかもしれません。

なお、島を出た後はエンディングの通りちゃんと分かれてます。
ミレーヌの物語は百合鏡にて・・・。そしてヒュペの新しい話も、今後何かで出てくるかもしれません。


とにもかくにも、学園時代から続いたルナティリウス=L=アークウィンドを巡る話はおしまいとなります。今後の定期更新ゲにも出てくるかもしれませんけれども、その際はよろしくお願いします。


■DK3
今週はおやすみです。


■たまおち
次回は毎年恒例の夏のサマーイベント!今年はどんなイベントあるのか楽しみですね。
水着でも準備しようかと思ったのは今日でした!来週ぐらいには描きあげておきたいなぁーと思います。

さて、戦闘は特に問題なし。久々って言うか初めてクロスブレイク発動。流石にTP吸収はリミットかかるのね。属性相性が最悪なので必殺切りはダメージ1300程度。もうちょっと上がらんかなぁー。まぁ、よほどのことがない限りはまだこのクラスだと大丈夫かな。
スポンサーサイト

FI:装備計画再び

■にせじま
日記を見たのか、FIの知り合いさんに『ヒュペたんだと逆風合わないから、折角の強素材持ってるなら別のに変えたほうがいいかもしれないよ?』とありがたいお言葉を頂く。ってか、オトギリソウの素材強さが5だったのに今更気づくとか駄目だろ・・・。
防御4に関してはまったく問題ないとのことなので、シャドウバックラーや針から作製する素材を考え直してみる。

70~75 銅の枝 退魔1(20) 平穏1(24) 体力2(18) 地2(25)
 →針と適当に合成。装飾の地2を高級で作製してもらってラベンダー装飾の反魅了と合成すれば魅了3の完成。高級枠取れるかがミソ。

121~126 金粉 武器に魅了2(14)
 →武器強化持ってる人にお願いすれば魅了3は案外たやすいけど、うちのPTは魔石強化持ちしか居ないんだわ。また素材強さが2なので基本的に付加B用

154~160 ロバの耳 反射2(42) 気合2(36) 退魔2(25) 安穏2(48) 32
 →やっぱり自分の中では安穏2を付けれたらどんなに楽か・・・という考えをしてしまう。使う素材は刃の欠片なので、勿体ない気もしないわけではないうえに、安穏2付くのに48必要なので頭を悩ませる。そんな高Lv装飾士さん捕まえられるのかなぁ…。無理しないで退魔2衣装作った方が・・・って思ったけど、勿体ないよねぇ。


ない頭を必死に絞っても固定思考にしかたどり着けない辺りがダムだなぁーと思う。マーシャルさんならきっともっと凄い装備案を出してくれるに違いない。
この際魅了固めは置いておいて…

ロバの耳で装飾+プニプニ付加→完成品に薬箱合成で(安穏2/ぷにぷに)
ロードナイトで装飾+アルミ缶B付加魔石を合成→完成品に楽器を合成で (体力3/防御4)
ここらへんが理想だと思う。装飾48枠取れなくても、持っているお守りと自作可能なロードナイト装飾は作れるので次回遺跡内探索にはそれほど支障はきたさないはず。
・・・と思ったけど衣装に体力1ついてるから、体力3の効果が減るなぁ。うーん。困った。防具に関しては遺跡内で良品拾わないとなぁ…。地底樹辺り拾いに行きたいな。(防具に活泉3)

→メモメモ
刃の欠片とシャドウバックラーを合成→ロバの耳
Greatな保存食と豪華な保存食を合成→ロードナイト
楽器と薬箱は触手か魔法石の欠片で作製予定

梅雨ですか、そうですか?

今ってもう梅雨なんですっけ。みょうに雨が多い気がする。そういえば、もう梅雨になってもおかしくない時期だったんですね。暫くは傘が手放せなくなりそうです。こんばんわ、ごきげんよう。水月です。

うちのキーボードは今のPCさん買ってから代々使ってるもので、新たに買い換えたことは無いのですが同僚に言わせるとキーボードの寿命は2年持てばいいほう・・・とのこと。んで、一昨日その人の職場でPCに打ち込んでる場面を見たのですが…爪を立てて強く押してるのね。キーボードにかいてあるローマ字とかがかすれて見えなくなってた。
まぁ、確かにそんなに強く押してたら寿命尽きるのは早そうだなーって思いました。うちはPCに優しさをーなんちゃって。

■にせじま
更新日ですよー。まさか、2週間も空いてたのにチキレやってる人なんて・・・・居ないですよねぇ?
うちはさっさと前日に終らせましたよ。・・・あれぇ?

まぁ、そんなわけでvs15隊リベンジ戦。シズクの平穏変換技の発動率にかかってます。あと、アルテミスの前にどれだけHPを保持できるかって言うのもポイントですね。直撃で1k以上削られるのもおかしくないのでそこら辺に注目といったところです。
勝っても負けても遺跡外。枠だけでも売れればいいなぁ。


■ドット
てみじかに、てみじかに。
初代FF風30サイズドット絵 第六十二回
以下、ルール。

・選択対象はFI公式HPランダムリンクから選ぶ。上から順。またはツイッターでフォローしてくれた方。
・上記に加え、レンタル宣言及びなんでも許可。またはその系列のコミュ加入者のみ加入者ではない場合は許可を頂いてからになります。
・絵が無い人の場合は設定や装備から想像して打つ。絵があっても見えてない部分も同様。全然ちがうっすよ!とか突っ込みくれれば暇を見て修正はします。きっと。ウツンジャネーヨ。と言われたら引っ込めます。
・個人の趣味の範囲なので、打ったキャラのPLさんにこちらから連絡しない。逆にこっちに頂きましたって言う連絡も必要ないです。Seek&Have。
・打たせていただいたキャラのPLさんに限り、ドット絵をどう扱おうが構いません。また、使用時に連絡は同じく不要です。改変、Webサイト、ゲーム内でのプロフ絵(またはそれに該当するもの)で使用などもお好きにどうぞ。
・お礼とかはまったく要りませんが、拍手してくれると中の人が喜びます。
・基本的に絵は『追記』に置きます。分かりにくくてごめんね。
・例外として、気に入った人を打つ場合や闘技大会・練習試合で戦った人を打つ場合もあります。



TOPページの追記に打たせていただいた方のENO一覧あります。(予約更新などもしてるので遅れ気味です)

今回お借りさせて頂いた方々。
ENO.450 1127 1315

【“梅雨ですか、そうですか?”の続きを読む】

勝負に負けても心は負けない?!

週の真ん中も終わり一息つける木曜日。皆様はいかがお過ごしですか?明日頑張れば土日休み!って方も土日も仕事だよ!って方もいらっしゃるかと思います。最近天候も悪く温度差も激しいものになってる感じがします。
体調に気をつけて、無理しない生活をお過ごしされますように。こんばんわ、ごきげんよう。見事に風邪のひきはじめな水月です。

■にせじま
そんなわけで、更新がありましたね。うちは当然15隊にソロで突っ込んで敗北。平穏潰されてさえなければ、あと5Tはもってたはず。・・・でも10T目のアルテミスで潰されてたかなぁ?まぁ、あの感じだとどの道負けてたでしょうけどね。
とりあえず、8T耐えて持久大幅減少だけ避けれてよかったかな。体調はやばいにペットの親密50以下と、悪い方向へ向かっているんですけどね。とりあえずは・・・・。うん。
分断したもう片方の2人も敗北してました。うちは10T全滅でそっちは8T全滅。全体回復技と自分とペット2匹いた分、こっちの方が長く耐えられたのかな。言いたいことはいっぱいありますけど、とりあえず胸に秘めておくことにします。昨日いっぱい愚痴っちゃってごめんね。今期槍使いの方。
別働隊は無事に15隊突破・・・・なんだけど一名ミケ。まぁ、あっちはあっちであんまり問題ない感じ。

いつの間にか戦力差が大きくなってきてるから、そろそろ入れ替えしようかね。ボクはもうダメかもしれない。いろんな意味で。


さて、ネガティブなのは置いておいて…。
今回ようやく・・・念願の呪歌30です。歌技の中でも最強技のひとつ。ディエス・イレが封印解除です。いや、本気で書いてマジで嬉しい。これがあるとないとでは全然違うんですよ。SP230とかなり喰いますが、全体にダメージ+HP減少(吸収)にSP吸収と魔力低くても関係ないですし、瀕死からほぼ前回まで復帰できるわけです。
難点は一回使うと技設定が消えるので、最大で2回しか放てないこと。まぁ、第○ターンで使用と必殺の設定2個で確定なんですけれどもね。
それと、これはそんなに強くありませんが呪歌30効果で歌技使用ごとに相手のHPを削れるようになりました。カームソングでも削れるので、後半の厳しい場面でもカームを歌いながら相手にダメージを与えられます。・・・まぁ。ダメージ量は微々たるものなんですけれどもね。それで勝敗が決まることもあったりするので、そうそう馬鹿には出来ないかと思います。必中な点もGOOD。

他。
カームの回復量が思いのほか伸びてました。以前300ちょいだったのですが…。

カームソング!!
呪歌によって技が強化!
モエギのHPが516回復!
モエギのEVAが上昇!
リュニスのHPが415回復!
リュニスのEVAが上昇!
ヒュペのHPが373回復!
ヒュペのEVAが上昇!


良い感じになってます。これのおかげでギルの必殺技にも耐えられましたしね。あとは聖歌実装を心待ちにするだけです。
次回は音楽を28にして、イモータルシンフォニー習得です。自分にダメージ技ではあるんですけれども、消費SP0で相手全体のSP吸収できるので優秀な技といえます。ダメージも悪くないですしね。これを取ったらとりあえず呪術は不要になるのかな?ただ、ペット枠のために魅惑を上げていきたいんですよね。20技ってなんだっけ・・・?

ペナルティ
呪術20 魅惑20 140 - - 対 敵単体:魔法攻撃⇒自棄LV2付加


要らない子でした。命術20呪術20のヴァイタルコフィンの方が欲しいけれども・・・・・あー、命術も聖歌のために上げないとなぁ。うーん。困ったね。

悩みは尽きませんのぉ。



■ドット
うち、思った。ツイッターでフォローしてもらってお礼ドットばっかり打ってるから、それで満足しちゃってランダムリンクから打つ気がなくなってしまう。もしかしたら、こっそり打ってくれるのを待ってる人も居るかもしれない。
よし、じゃあツイッターでフォローお礼に打ったドットを全部公開しよう!そうすれば、焦ってドンドン打つようになるに違いない!!!うち、頭良い!!

桝田先生の名言
一番簡単なのは、それを始めなければ死ぬほど不利益をこうむる設定することだね。大きな犬に追いかけられたら、とりあえず必死に走るだろ RT @×××: プレイヤーに行動を起こさせないと成り立たないですよね?


全然関係ないんだけど、UPしたドット絵とUPしてないドット絵が本格的にわからなくなってきた。UPしたフォルダ作ろうと思って毎回忘れる自分・・・。

初代FF風30サイズドット絵 第五十七回
以下、ルール。

・選択対象はFI公式HPランダムリンクから選ぶ。上から順。
・上記に加え、レンタル宣言及びなんでも許可。またはその系列のコミュ加入者のみ加入者ではない場合は許可を頂いてからになります。
・絵が無い人の場合は設定や装備から想像して打つ。絵があっても見えてない部分も同様。全然ちがうっすよ!とか突っ込みくれれば暇を見て修正はします。きっと。ウツンジャネーヨ。と言われたら引っ込めます。
・個人の趣味の範囲なので、打ったキャラのPLさんにこちらから連絡しない。逆にこっちに頂きましたって言う連絡も必要ないです。Seek&Have。
・打たせていただいたキャラのPLさんに限り、ドット絵をどう扱おうが構いません。また、使用時に連絡は同じく不要です。改変、Webサイト、ゲーム内でのプロフ絵(またはそれに該当するもの)で使用などもお好きにどうぞ。
・お礼とかはまったく要りませんが、拍手してくれると中の人が喜びます。
・基本的に絵は『追記』に置きます。分かりにくくてごめんね。
・例外として、気に入った人を打つ場合や闘技大会・練習試合で戦った人を打つ場合もあります。


TOPページの追記に打たせていただいた方のENO一覧あります。(予約更新などもしてるので遅れ気味です)

今回お借りさせて頂いた方々。
ENO. 914 1647 1860 &おまけ
【“勝負に負けても心は負けない?!”の続きを読む】

『魔奏少女 らじかる★ひゅっぺる~ん』  『第一話:なんで俺が魔奏少女?!』

-ナレーション-
こことは違う時代、違う場所。そこには韮島と言う島とは呼べぬほどの大陸があった。島には大小様々な街が存在し、これまた様々な種の人や魔族が、指先器用な人間が様々なものを作り出し、魔族たちは魔法やそれを用いた特殊な機械を使い手伝い、お互い共存して暮らしていた。

島は平和ではなかった。当然人間と魔族に軋みが発生することもある。お互い殺し合い、消滅した村もある。
しかし、そんな時、どの時代にも仲裁に出てきた少女たちがいた。あるときは鉄拳制裁。ある時は無差別魔法でどちらも滅ぼし、またある時は話し合いにより解決。
そんな特殊な力を持つ少女たちを、時代の人はこう呼んだ。魔と人の力と心をもつ少女。
-魔○少女-・・・・と。

水月堂
 魔○少女製作委員会
  プレゼンツ・・・・・・


1・2・・・

1・2・さんし!!

『魔奏少女 らじかる★ひゅっぺるーん』


♪恋の魔法をかけるわ 貴方に(貴方に)
ドキドキするリズム 聞かせてあげるー
ハートの鼓動に耳をすませれば 身体は輪舞曲(ロンド) 天にも昇るわー
(ドキドキ★らっじかるひゅぺるーん 届いて★胸キュンひゅぺるん♪)

♪ 愛という名の呪歌を歌いましょ 貴方の心も頂きよー
 天に向かって聖歌を歌えばー 私に会いに流星おちるわー

♪アー 魔奏少女も 大変ネ★

♪煌くステージが 私を待っている 迦陵頻伽(かりょうびんが)もびっくり! 
 猜忌邪曲(さいきじゃきょく)も 裸足で逃げ出す 私の美声 
  聞 か せ て あ げ る わ ー

♪魔奏少女ー 歌を歌って奏でれば
 どんな怖い顔の相手でも いつ間にか笑顔で倒れる
♪魔奏少女ー ハリキリポジティブアグレシッブ
 そうよ わたしはー   
  らじかる(らじかる) ひゅっぺる~ん



『魔奏少女 らじかる★ひゅっぺる~ん』
 『第一話:なんで俺が魔奏少女?!』

(薄暗いアジトっぽい場所で、椅子に座ってる体のでかくて鉄の装備を着ているおっさんに、男たちがゲヒた笑みを浮かべている)
雑魚A:「総帥!アリオスの街が落ちました!」
雑魚B:「くっくっく。もろいもんだな!総帥!このまま一気に島全部を手中に納めちまいましょうや!」
総帥:「ばかもの!慌てるでない。この島には古くからの言い伝えがあってな。島がピンチ☆の時には魔法少女?とかいうのがたてついて害をなすものを消すらしいのだ。」
雑魚B「総帥!!んじゃ、それぐらいの小娘どもを全部捕まえれば良いんじゃないですかね!!」
総帥:「お ま え  あ た ま い い な。」

(場面が変わり、とある韮島の街入り口。キャーという叫び声をあげながら女が逃げている。その後ろから歩行雑草がモッサーと言いながら追いかけている。)
少女「きゃーーー たーすーけーてー!!」
歩行雑草「もっさーー!!少女は全員収穫祭だもさーー!!」
少女「きゃーー!!」

(そこに銀髪のポニテを揺らしながら少女がやってくる。そして、汗を拭きながら奇妙な追いかけっこを見つめている。)
ポニテ少女「・・・・・なんだありゃ。よらない方が良さそうだな。」
ポニテ少女「・・・・にしても、なんで誰も助けねーんだ?この島での揉め事は住民全員で対応するって話は嘘だったんだかねぇ?」

(遠めでその姿を見ながら歩く。だが、逃げている少女に気づかれたのか、こっちに凄い形相で走ってくる。)
逃げる少女「そーこーのー人ー!助けてー!!」
追う歩行雑草「もっさーー!!!逃げ足の速いやつめ!!ムム!あそこにももう一人少女がいるじゃないか!2人も捕まえたら俺の出世間違いなし!もっさーーー!!漲ってきたー!!」

銀髪の少女「っちょっちょちょ!!なんでこっち来る?!やべ!逃げろ!!」
(方向を変えて走り出そうとしたその時!)

「待てぃ!!」

(ジャーーンという登場音と共に、一人の老婆が間に入ってくる。老婆は棒のようなものを片手に、歩行雑草を指差す)

老婆「おのれ!世界の平和を脅かす魔の者め!わしは許さんぞ!このわし、魔法少女がぬしを成敗してくれる!」
銀髪の少女「・・・・少なくても少女って歳じゃなくね?」
逃げてた少女「わたしも同感です。」
老婆「わしは昔、魔法少女だったのじゃ!!今は少し年老いて・・・・うぎゃ!」

(少女たちを向いて話はじめた老婆に、歩行雑草は容赦ない一撃を加える。地面に倒れる老婆。立ち上がろうとするが・・・)

老婆「あいたたたた・・・。いきなり殴るとは少しは気を使わんかい!あぁー、ぎっくり腰じゃ・・・。」

(腰を抑えて地面に倒れこむ老婆。ちょっと悪いことしたかなーって顔の歩行雑草。そして、その一瞬のスキに銀髪の少女が持っていたギターケースで思いっきり歩行雑草を殴りつけた!
思いっきり後頭部に一撃を喰らった歩行雑草は頭から地面に倒れこみ、動かなくなった。)
銀髪の少女「・・・・やれやれ。一時はどうなるかと思ったぜ。」
逃げてた少女「ありがとうございます。助かりました。・・・・けど、きっとまた別のが襲ってきます。」
銀髪の少女「・・・・・どういうことなんだ。」
逃げてた少女「・・・実は、今この島では少女狩りが行われてまして、この島では古くから危機に陥った時魔法少女が現れて全ての根源を断ち切って平和にしてきたと言う言い伝えがあるのです。それで・・・。」
銀髪の少女「今度は、魔法少女っちゅうのになる原因を先に削除しようっていう安直な方法ってわけか・・・。ご苦労なこったな・・・。」

老婆「魔法少女はここにおるぞよ!!!」

銀髪の少女「(ビクッ!!)ば・・・婆さん、いきなり大声で叫んだらびっくりするだろうが!大体、少女じゃねーだろあんた!!」

老婆「うむ、今はな。だが、わしは昔、魔法少女としてこの島を幾度となく救っているのじゃ」

(老婆はそう言うと、手に持った棒を差し出す。)

老婆「これがその変身アイテムの「魔女娘ステッキ」じゃ!」
銀髪の少女「へー。」
逃げてた少女「ふーん。」

老婆「ぬしら・・・・女なら、よし、わしがこのステッキを使って島を平和を取り戻すぞ!!とか言わんかい!!」

男の声「平和取り戻されても困るんだがね!」

(突然現れた男は少女二人を小脇に抱えると、お供の歩行雑草に老婆を指差して命令をする。)
体格の良い男:「おい、お前ら。あのババアと、変な棒を本部に持っていけ。アレがなきゃこの島に魔法少女とやらは生まれな・・・・・あいてぇええええええ!!!」
歩行雑草「もさぁ?!誰に会いたいんすかもさぁ?」
(男は思いっきり噛み付いた銀髪の少女を乱暴に投げ、噛み付かれた部分を撫でる。)
体格の良い男「このクソ(ピーー)め・・・。俺様の腕を噛み付きやがって・・・。あったまきた!おめぇーは特別に罰してやる!!いま!ここで!!」
(そういうと、男の体が怪しくうごめき3倍ぐらいに膨れ上がった!!)
丘巨人「ふわっはっはっは!!どうだ、俺様が怖いか!!今ならないで謝ったら許してや・・・あいてぇええええ!!!ふぎゃああああ!!!」

(大笑いしている男の小指を思いっきり踏みつけた!そして痛みで腰を下ろした瞬間を見計らって、即頭部にギターでおもいっきり殴りつける!)
銀髪の少女「舐めんなよこらぁぁぁぁ!!」
(地面に倒れた丘巨人の頭を目掛けてギターを何回も振り下ろす。しかし、振り上げた瞬間足を捕まれて倒される。そして、丘巨人は立ち上がるとそのまま銀髪の少女を地面に叩きつけた!)
銀髪の少女「いてぇ・・・・・。」
丘巨人「こっちの方が痛いわ!!このままぶち殺してくれる!!!」

(もうダメだ・・・・と思ったとき。棒が飛んでくる。そして、それをキャッチする銀髪の少女。すると、棒が伸びぱぁーーっと輝く!!)

丘巨人「な・・・なんだこれ・・・・は・・・うわぁぁぁ!!!」

(光の中からヒラヒラの赤い服をまとった少女が現れる。その腕には、さっきの棒がギターへと変動していた!!)
変身少女「・・・・なにこれ。なにこのスースーする格好…。」
老婆「何をしておる!!必殺技を使わんかい!!魔法少女の最大の弱点はその防御力じゃ!!」
変身少女「・・・・・んー。俺は魔法使えないから魔奏少女でいいよ。」
(上機嫌でそう言うと、緑色のビーム弦を弾いた。)
丘巨人「なにをごちゃごちゃとぉ!!」
(丘巨人のパンチをひらりと交わすと、ぴょんと遠くにジャンプする。そして。)

魔奏少女「いくぜ!!ひゅっぺるーん必殺技!!魔奏第一ライブ! ディレス・イレ!!」
(激しく曲をかき鳴らすと、すさまじい音の波動が辺りを包み込む!!)
老婆「ちょ・・・ちょっと待つのじゃ!!!」
逃亡少女「わたしたちまで吹っ飛ばす気ですかぁ?!」

ドッカーーーン!!!

(爆音と衝撃。その中心には、やり遂げた感たっぷりの表情の銀髪の少女がいた。)

-続く-
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。